敷金礼金の安いみなとみらいのウィークリーマンションの探し方

ウィークリーマンションとは、週単位(最低7日)から契約できる家具・家電付きの賃貸マンションです。最低限の生活に必要なものがそろっているので、急な出張や仮住まい、受験や旅行での長期滞在する方などに最適です。最近ではインターネット環境が整っていたり、ペットが可能であったり、女性に安心なオートロック付きの物件もあります。みなとみらいエリアにも、京浜東北線・みなとみらい線・横浜市営地下鉄の各駅からも近い物件が多数あります。借りる際の初期費用である敷金や礼金などがかからず、物件や運営会社によっては保証人が必要ない場合もありますので費用を抑えたい方にはお勧めです。基本的な利用料金は、賃料(1日分)+光熱費(1日分)+管理費(1日分)×利用日数+お部屋のクリーニング代+その他(インターネットなど)で計算されますが、運営会社によって計算方法が異なりますので、入居前には確認が必要です。

ウィークリーマンションとホテルとどちらがお得でしょうか?

ウィークリーマンションは、賃貸のお部屋を借りることができますので、ホテルよりもお部屋が広く自宅に近い環境で生活することができます。また、家具・家電がついているので、自炊もできるため食費を浮かせることができます。物件によって違いますが、7日以上であれば、ウィークリーマンションの方が安く済みます。運営会社によって期間限定のキャンペーンを行っていることもありますので、タイミングが良ければお得に借りることができるかもしれません。また、時期によっても安く借りることができます。春や秋などは就職や人事異動で賃貸市場が大きく動きますので、落ち着いたころの夏や冬がおすすめです。みなとみらいの花火大会も7月と良い時期ですので家でゆっくり見たいという方は検討してみてはいかがでしょうか?

契約前に確認するべき注意点とリノベーション物件について

ウィークリーマンションは敷金・礼金、保証金が不要など気軽に借りることができる一方、様々な方が借りられます。安全性も含めよく検討しましょう。先に述べた利用料金は、運営会社によって違いますので、単純に賃料と光熱費と管理費だけでは判断せず、最終的にいくらかかるのかを計算して条件に合った物件を見つけてください。最近では、リノベーションされた物件も見られるようになりました。リノベーション物件の賃料は新築と比べ割安となっている場合があります。しかし建物自体が古いので、防音や防犯対策がなされていなかったり、水道管やガス管は古いままということもありますので、注意が必要です。ウィークリーマンションは事前に内覧ができないことがありますので、事前に運営会社に相談されることをお勧めします。また、みなとみらいエリアには、新築やワンランク上の物件もありますので、運営会社のサイトを見比べてみるのもよいでしょう。